カルチャーズデイ反町の学習支援

カルチャーズデイ反町では、学校でも家でもない安心して過ごせる居場所として
お友達や、親子での絆づくりをサポートしていきます。
また、一人ひとりに寄り添った療育を行うことで、
楽しく「できた」を積み重ね、自己肯定感を高めていきます。
そして、家事療育やSSTを通してお子さんの「生きる力」を育むことで自立を目指します。






カルチャーズデイ反町は、自立を見据えた学習支援を行っていきます。
そのために我々は、公文式を新たな療育のツールとして取り入れ、公文教育研究会より
正式な導入施設として、教材提供と学習指導のサポートを受けることになりました。
「個人別・学力別の学習」「スモールステップの教材」「自学自習の学習形式」を核とする公文式は、「できた」を実感しやすく、
得意を見つけて自分でどんどん学びを進めていけるため、
発達障害のお子さんにも適しているのではないかと考えました。
公文式は現在57の国と地域で広がっており、福祉業界でも導入する施設が増えています。

【公文式の特徴】

1「自己肯定感」と公文式学習

一人ひとりに合わせた「ちょうどの内容」を、
自ら学んでいくことでの「できた」「わかった」という喜びを大切にしています。
そしてその喜びの積み重ねが自己肯定感を育てていきます。

2個人別・学力別学習

年齢や学年にとらわれず、一人ひとりの力に応じた
「ちょうどの学習」で、出来ることを増やす学習法です。
学ぶ楽しさやできる喜びを育みながら学力を高め、
一人ひとりの能力を最大限に伸ばします。

3 「自学自習」

「自ら学ぶ力」を大切にしている公文式では、教材を自分で読み、
考え、解き進んでいく「自学自習」形式で学習を進めていきます。
答えを自分で導き出していく力は、やがて夢や目標に挑戦する力になっていきます。

「できないからしない」→「勉強が嫌い」「どうせ自分にはできない」サイクルから
「できた!」+「楽しい」→『自己肯定感アップ』のサイクルへ

電話をする